過去から未来へ今をつなげる 写真は自分を導くたからもの

  • ホーム
  • アルバムセラピーとは?

アルバムセラピーについて

アルバムセラピーとは?

アルバムセラピーとはメイン

人は皆、違う過去を持っているー。

そんな大前提のもとに作られたこのセラピーでは、
何かを押し付けることも、答えをひとつに決めることもしません。

自分自身のアルバムを使って過去を振り返り、

忘れていた過去の記憶や思い出から
「自分にとっての本当の幸せ」を発見してもらうこと。それがアルバムセラピーです。

おもいで(=写真)には、すごい力があります。
アルバムを使いトラウマを外し、その人の「こころ」を最高に幸せな状態へと導きます。

もちろん、幸せに気づくプロセスは一人ひとり違います。

その人にとってオンリーワンの方法を、自らの力で見つけていく、
いわば自分発見プログラムなのです。

クレド(協会理念)

 

わたしたちは、アルバムセラピーによって心の苦しさをやわらげ、
一人でも多くの人を幸せにすることを使命としています。

わたしたちは、心の中にある、自己肯定感の源たる「愛されていた記憶」を見つけ出し、人々が幸せを実感できるようになるセラピーを提供します。

アルバムセラピーを通じて人々が得るもの、
それは心の問題を解決するうえでもっとも大切な「自身が愛されていた記憶」を、
顕在記憶と潜在記憶の中から見出し、実感する体験です。
人のココロの幸せに貢献する、がアルバムセラピー協会員のモットーです。

ここには、全協会員が自分以外の人の人格、人生、精神を自分同様に尊重し、
配慮、行動するという、当協会の姿勢が示されています。
お一人おひとりが歩んでこられた歴史、感じておられること、
すべてを肯定、尊重し、受け入れます。

セミナーを受講される方々に、決めつけや思考誘導はいたしません。
すべての人々が、ご自分の中から答えを見つけ出すお手伝いをさせていただきます。

お相手の方に安心していただける、存在承認の意を込めた、
心をこめたアイコンタクト、声のトーンでのご挨拶をおこないます。

 

バリュー7か条

1:私は、すべての人々を敬い、礼儀を大切にし、相手の立場、お気持ちを尊重します。

2:私は、アルバムセラピーのメソッドを用い、人々がご自分の過去から、「幸せになる方法」
「負の感情を解消するカギ」を探し当てるお手伝いをします。

3:私は、ある世代での「愛情実感不足」で生じた不幸の世代間連鎖を、
アルバムセラピーを用いて食い止めるお手伝いをします。

4:私は、人の幸、不幸は、「心のありかた」によって決まると考えます。
それゆえ、人々の「ココロの幸せ」を見据えて考え、行動します。

5:私は、人が幸、不幸になる要点の事項は「理解」するものより、
「感じる」ものであることを踏まえ、
セミナー受講者様の効果的な「Feel」をお手伝いします。

6:私は、アルバムセラピーを人様のお役に立つために活用します。
人助けから逸脱し、営利第一主義には決して陥りません。

7:私は、人々がアルバムセラピストになることで人々に貢献し、
かつ自立した経済力を得ることをお手伝いします。
協会は、アルバムセラピストの事業展開を円滑にするため、
エンドユーザーである「セミナー受講者様」を、手段を尽くして常に集め続けます。